スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーサー王伝説について

元イギリス首相ウィンストン・チャーチルは言った。

「それは全て真実だ。 もしくは、真実でなければならない。」



アーサー・ペンドラゴン927




「アーサー王伝説」は、イギリスの先住民族ケルト人の伝説で、5~6世紀に形成され、さらに12世紀以降フランスやドイツなどにも伝わり、聖杯探究やトリスタンの物語などが追加されていった。




主軸となる物語は、アーサー王の配下である「円卓の騎士」であるランスロットと王妃グィネヴィアの不倫がキャメロット城における軋轢と確執を生み、最終的には、アーサー王とその息子であるモルドレッドの対決に発展する。





厳格で閉塞的な古いキリスト教の概念が道徳として機能していた時代背景でありながら、「アーサー王伝説」の登場人物達が一途に純粋に素直に命懸けで恋をするエピソードの数々は、道徳がいかに時代や国・地域に左右されようとも、人間が生きるための活力と真の幸福がなんであるかには、そう大きな変化がないことを教えてくれる。


キャメロット城1






かなり簡略化し、玄人向けではないけれど深い、歴史や伝説などを表現するブログ

「円卓の騎士」一覧(アーサー王伝説)

歴史や伝説の偉人を5行で表現するブログ




神話 ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

アーサー・ペンドラゴン

Author:アーサー・ペンドラゴン
「アーサー王伝説」関連の物語は著書によって、内容も登場人物の設定までも変わりますが、統一性の高いものを優先しつつ、ストーリーに矛盾や無理が生じにくいように一連の流れを書いてみました。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。